英語の授業格差

新年度が始まりました。春休みが終わるまで、お子様と一緒の生活で少々大変なこともあると思いますが、この新年度は特に小学校教育が40年ぶりに大きく変わる大切な年です。学年によって異なりますが、新学年の授業の進め方を是非予習しておいてください。特に小学校で外国語が授業として取り入れられる歴史的な年でもあります。最近定着しつつある「読み・書き・計算」にひとつ付け加え「読み・書き・計算・英会話(英単語)」を新たな家庭教育の基礎標語としてください。と言うのも市町村によって学校教育予算や方針に大きな差が生じるからです。先日、政令市と東京23区の外国語(英語)必修化による予算の提示が発表になりました。驚いたのは政令市の一校あたりの予算、最高額はさいたま市の169万円で横浜市が158万円、最低額は大阪市が12万円で福岡市22万円・名古屋市29万円と続きます。都内での一校あたりの予算、最高額は港区の586万円で、通常授業数35コマの倍の70コマを今年度から行うようです。驚きやご不満もあるかと思いますが、この学校教育格差は急には変えられませんね?やはりこれからはご家庭でも「読み・書き・計算・英会話(英単語)」だと思います。

小学校21年度からの授業

もうすぐ平成21年度・新学期が始まります。特に今年の新一年生・新二年生のお子様をお持ちの保護者の方から質問を受ける内容をまとめておきます。
①授業時間が増えます。一年生・二年生は二学期頃からは殆ど5時間授業になります。4年生以上は殆どが6時間授業になります。
②追加になる内容(例=算数)・1年生で「10より大きい数の計算」「100より大きい数の表し方」「時計の読み方」など・2年生で「3桁の数の計算・847+38や850-42など」「リットル・デシリットル・長方形・直角三角形・辺と面・一時間は何分・一日は何時間」などが追加されます。
驚かれる方も多いと思いますが、かなり広く、深く授業が進みます。ここで大切になるのが「先生の話を聞く力」「その内容を理解する能力」そして「問題を解く力」です。授業時間が増えることが表面化されていますが、実際には1時間の授業=約45分の中で新しくなった内容を理解するには、各教科でかなりの集中力が問われます。「授業を聞く姿勢・鉛筆の持ち方・文章を読む力・書き取る力」など
の準備はご家庭の中で実践しておいてください。以前のブログにまとめました「家庭での学習時間=15時~18時の中の30分間」が、新年度からは授業時間が増え帰宅時間が遅くなれば更に短くなります。一日一日の家庭学習時間の確保と継続を早めに習慣化しておいてください。今から準備しておけば、きっと学校へ行くことが楽しくなるはずです。

横浜セミナーとカウンセリング

先日の横浜青葉台の個別セミナーとカウンセリングは、沢山のお客様が参加されました。京都の講演会の後であっただけに、ひとりひとりのお母様(お父様)の気持ちが更に手に取るように分かりました。全体的に感じましたことをまとめさせていただきます。
皆様とても子育てに熱心である反面、悩みも多い・・・当然ですが、大切なことをもう少し子供目線で考えてみてください。子供の気分や態度は数日サイクルで、コロコロ変化します。大切なのは、今回お話しました「今後の学校教育の変化」を理解いただいた上で、少し遠い目標を掲げてみてはいかがでしょう?
3ヵ月後、半年後、1年先というように!学校での授業をよく理解できたり、テストで高得点を取れる子供は、やはり学校が楽しいはず!学校や先生にも個性はありますから、ある程度の授業の理解度は「家庭」でも判断できるようにしておいてください。幼児期から小学校低学年位までに「何を聞き・何を見て・どんなことを感じ、親子でどんな話をしたのか?」が学ぶ姿勢の基本となると言っても過言ではありません。近い将来のお子様の成長を楽しみに、目の前の時間の使い方を大切にしてください。

FM大阪後援「京都講演」

0904162.jpg
雨とインフルエンザが心配される中、沢山のお客様に「これからの家庭教育」の重要ポイント=本音を時間ぎりぎりまで語らせていただきました。
FM大阪のパーソナリティーKOJIさん!盛り上がりましたね?KOJIさんの情熱から出る、会場にお越しのお母様方への『子育てがんばろう!』エールは、きっと皆様の心に響いたと思います。
あれから1週間!皆様に再確認したいのは講演最初に申し上げた「いつ?子供との学習時間を作るか?」という約束、大丈夫ですか?母親としてめまぐるしく忙しい日々が続くことと思いますが、この「いつ?」だけは絶対に諦めずに、具体的な時間を見つけて続けてください。
もう一度言いますが、「頭のいい子」に育てるには幼稚園・学校から子供が帰ってきた15:00~夕食前の18:00の間に必ず家庭学習時間を作ることです。(この時間は「見える学力」。復習を中心に宿題は勿論、ドリル、ワーク、漢字、計算など点数に即表れる学習を行うこと)
そして、キーワードは「寝る前の10分」です。(この時間は「見えない学力」図鑑や絵本を眺めて、これなに?なぜ?と思う習慣を頭の回路に作ること。そして英語を聞く時間に充てることです。寝る前のトーキングカード10枚は続けることによって数年後には相当な英語耳に成長します。)質問を中心とした会話も忘れずに!
講演内容、思い出しました?子供の成長は「あっ」と言う間です。しっかりお願いします。また、お会いしましょうね。
追伸)
大きな大きなお花ありがとうございました。新幹線の中で何人もの方から、視線を感じました(花束の方にね!)お子様のこれからの成長が楽しみですね。全国の子育て「模範お母様へ」嬉しかったです。本当にありがとうございました。

大阪高槻・学友図書セミナー

約80名の家庭教育セミナーにご参加頂きまして、ありがとうございました。以前講演会で、お目にかかったお客さまからいただきましたアンケートの中に『あれから子供がだいぶ変わって来ました!』とのメッセージを頂き嬉しく思っています。今回のセミナー内容のメインテーマ『図鑑を使っての家庭教育の在り方』について復習用コメントをまとめました。熟読しておいて下さい。
これから春になって、花が咲き虫を見ることも多くなる季節です。低学年のうちに賢くなる会話のパターンを作って欲しいと思います。そのヒントは?
①普通の家庭の会話
散歩、買い物途中花虫に出くわす・・・見ても何も言わない(今はきっと、この家庭が一番多いです)
②中級レベルの家庭の会話あの花、あれなあに?この虫なあに?(最初は親から子どもへ質問すること)数日先は(子供から親の質問に変わります)これ何?あれ何?といろいろなことに興味を持つようになります。
③上級レベルの家庭の会話あの虫は花に止まって何をしているの?なぜ?どうして?と言う深い質問に変化させてみる「家に帰って全て図鑑で調べさせてみる・・・というより、最初は一緒に調べる!こと」
学校で配られる一年生の算数プリント学習にコスモスはいくつ?桃色を塗りましょう!バラはいくつ?赤色を塗りましょう!コスモスとバラは合わせていくつですか?と言う問題がでていました。コスモスとバラ・・・分からない子供が多くいます。算数以前の問題ですね。しかし、ある子供はコスモスを「秋桜」と漢字で書くことができ「秋の桜、春の桜と色が似ていて、でも咲くのは秋だから・・・」と理由もいえました。ひとつの課題でも見る視点や観点が異なってきます。深く物を考える習慣は「これ何?あれ何?」から始まり「なぜ?どうして?」の繰り越しです。何気ない「これ何?なぜ?どうして?」は、今後国語、算数、理科、社会、全教科を深く考えられる習慣につながります。これらの頭の回路は作文を書かせてみると、一目瞭然に現れます。簡単な一言・・最初は親の努力と積み重ねです。
終わりに、上記の会話の続き・・
④ちょっと心配な家族は?歩いていても「花や虫に気づかない・・・」
皆さんの家庭はどの会話レベル?ですか?図鑑を見て親子で驚き!会話すること早めに始めて下さい。