酒井のつぶやき

茨城県「子育て世代のワーク・ライフ・バランス講座」

茨城県教育委員会・(公財)茨城県教育財団・茨城県女性プラザ・茨城県県東地区小中学校PTA連絡協議会との共催で、小中学校の保護者、教育関係者、一般県民の皆様など多数の方々に、「賢い子に育てる8つのポイント」を講演させていただきました。恒例の全国学力調査の結果でもここ数年上位に位置付く茨城県の子ども達ですが、課題もいくつかありましたね?更に2020年度の大学入試の改革や学習指導要領の改訂に向けた家庭で出来るポイントに関しましては皆様、熱心にメモを取られていました。質問をされた皆様の子育て熱心さも、数日経った今も強く記憶に残っています。全国に先駆け家庭教育にも力を注いでいる茨城県教育委員会・PTA連絡協議会ですが、保護者の皆様と連携して、今後子ども達の学力と心の教育に関して模範となって頂けるよう願っています。次回は6月23日茨城大学にて【小学校卒業までに身に付けたい「学習習慣」と「学習意欲」】をテーマにお話しいたします。関係者の皆様大変お世話になりました。またお目にかかれますことを楽しみにしています。

茨城県教育委員会 フォトニュース

171106

171106

静岡県 浜松学芸中学校・高等学校講演会

浜松学芸中学校・高等学校の生徒の皆様と保護者の皆様に【卒業までに身につけたい学習習慣と学習意欲】というテーマで講演させていただきました。流石進学校の生徒の皆様は講演を最後まで熱心に聞いてくださり、また突然の質問への反応も早く「人の話を聴く姿勢」は完璧でしたね。講演内容でお伝えしました中高生の皆様に必要な試験、受験対策と更なる将来に向けての物事を判断する力や表現力を磨く為に日々の習慣を見直し、長期間継続してください。世の中で起きているいろいろな出来事への判断基準には是非新聞を活用して家族で会話、時には討論をしてください。時間の都合上お伝えで出来なかった大学受験対策として、資料に記述いたしましたが「学力が試験数日前でいきなり伸びる生徒が多くいる事」も忘れないでください。これは何事も最後まで決して諦めない日々の努力の結果です。内藤校長先生からの直々のご連絡大変嬉しかったです。また静岡新聞社関係者の皆様には今回も大変お世話になりました。またお目にかかれますことを楽しみにしています。ありがとうございました。

ヤフーニュース
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180425-00000015-at_s-l22

読売新聞 奈良県・京都府講演会2日間

前回の奈良市講演会に続き、初の奈良県橿原市、そして久しぶりの京都市講演会は両日ともに満席でした。地域柄毎回教育熱心な参加者の多い中、今回は2020年度の学習指導要領の改訂内容や大学入試共通テストの内容を基に子ども達の家庭内での課題についてお伝えいたしました。復習と休日の学習、読書、そして良いこと悪い事の判断力を新聞を使用して養う事は今後の改訂内容にも役立ちます。また新聞を拡げて家族で会話することは、授業中の発表や面接試験の事前練習にもなります。ここ数年で高校入試や大学入試の形式も大きく変わり、各教科で自分で考え、自分で判断し、自分で表現する学習内容が増えます。早めの対策としてゲームやテレビの使用時間の決まりなども含め家庭での時間割をしっかり決めて続けてください。関係者の皆様大変お世話になりました。久しぶりの学研関係者の皆様、またお目にかかれますことを楽しみにしています。ありがとうございました。

171106

読売新聞 栃木県受験直前セミナー

栃木県佐野市で初の【受験直前セミナー】中学卒業までに身につけたい学習習慣と学習意欲講演会を開催いたしました。いつもの講演会とは異なり、会場は受験ムード!間もなく高校受験を迎える親子の皆様や、来年以降受験生のご家族など沢山の熱心な皆様にお集まりいただきました。【高校受験直前対策ポイント】では ①個人の弱点対策*過去の成績を再チェック・科目と単元 ②国数英と理社のバランス ③過去問題反復トレーニング【食事・睡眠・過去問】 ④生活リズム再チェック*自宅学習と塾の時間割を作る*家族が見られる場所に貼り付ける ⑤何処でも漢字・計算・英単語・毎日リスニング*ちょっと見!できるよういつも持ち歩く ⑥暗記学習は寝る前が効果的 ⑦苦手教科は朝勉強で克服 ⑧苦手教科は先生に質問等をお伝えいたしました。もう一度資料をを読み返して、体調を万全に試験に挑んでください。来年以降の受験生の皆様へ時間のたっぷりある1〜2年生に家庭学習習慣を身に付けましょう!

171106

読売新聞 茨城講演会2日間

初の茨城県(水戸市・土浦市)講演会には沢山の熱心な保護者の皆様にお集まりいただきました。関東でも全国学力調査の上位に位置付く茨城県は教育長にもご挨拶頂き、教育に対する家庭・学校・地域の連携の充実を感じることが出来ました。とは言え学力調査の分析や、今後の指導要領改訂の対策では家庭教育に対する課題も多くご理解頂けたかと思います。新聞を拡げ家族で会話することも含め【思考力・判断力・表現力】を基本に全ての場面で子ども達のしつけ、教育をお願いいたします。個々の家庭で課題を決め、続けること!今回の講演会が機会となって更に地域の連会や活性化につながりますよう願っています。教育関係者の皆様、設営関係者の皆様大変お世話になりました。